ステロイド減量が、ついに0㎎になる

新型コロナウイルス感染予防のため1か月遅れの通院である。病院入口ではスタッフが待ち構えていて非接触型の体温測定器で額の体温を測定され、手に消毒液をかけられる。
病院内はそこそこに混んでいるが席は一つおきに座るような措置がとられていた。アナウンスで呼ばれて診察室に入る。今回から担当医が変わり30代くらいの若い男性医師であった。
胸部レントゲンの結果は今回も異常なしで、プレドニゾロンの服用は今回から0㎎にすることになった。前回4回目の再発は2017,3,16日であった。それからプレドニゾロンを10㎎に増量したが肺の影は消えず、20㎎に増量して肺の影は消えた。それから約3年間の超スローペースな減量で今回やっと0㎎になった。3か月後に通院しレントゲン検査で再発していないか確認する予定である。

ステロイド0.5mgを一日おきに

新型コロナウイルスの外出自粛で病院へ行くのも気が引けます。
そこで、今回通院すればステロイドの減量は終了するのですが、
通院を1か月先に延ばして薬が余っていることもあり0.5㎎を一日おきにとることにしました。

ステロイドを0.5㎎に減量

S病院呼吸器内科に通院し診察を受ける、X線撮影は異常なし。ステロイドの減量を継続する。ステロイドの減量は前回の診察時より0.5mg 減らし、今後12週間はプレドニゾロンを1日0.5mgとする。

ステロイドを1.0㎎に減量する

S病院呼吸器内科に通院し診察を受ける。ここ3~4日風邪気味であった。最初は喉が少し痛く微熱が出た。それが収まったら平熱だったり微熱が出たりして時々咳が出るようになった。特発性器質化肺炎の再発ではないかと心配したが、X線撮影は異常なかった。聴診器での胸の音も異常なし。咳止めの薬を処方してもらい、ステロイドの減量を継続する。ステロイドの減量は前回の診察時より0.5mg 減らし、今後12週間はプレドニゾロンを1日1.0mgとする。

ステロイドを1.5mgに減量

S病院呼吸器内科に通院し診察を受ける、X線撮影は異常なし。ステロイドの減量を継続する。ステロイドの減量は前回の診察時より0.5mg 減らし、今後12週間はプレドニゾロンを1日1.5mgとする。

ホームページリニューアル

ホームページのサイト名を「間質性肺炎の治療記録」から「特質性器質化肺炎の記録」に変更し、サイト全体をリニューアルしました。

2019年5月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cop

ステロイドを2mgに減量


2019年(H31)4月22日、S病院呼吸器内科に通院し診察を受ける、X線撮影は異常なし。担当医が移動により変わった。今回からは若い男性の医師である。
ステロイドの減量を継続する。ステロイドの減量は前回の診察時より0.5mg 減らし、今後12週間はプレドニゾロンを1日2mgとする。以前の再発が平成29年3月であり、それから2年以上経過した。3か月毎に0.5mgの減量というのは非常にゆっくりなペースである。

2019年4月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cop

CT検査・ステロイド減量2.5mg


2019年(H31)1月21日、S病院呼吸器内科に通院し診察を受ける、X線撮影は異常なし。また前回診察時に担当医よりCT検査をすすめられた。体に特に異常はないのだが発病から4年経過したことだし。また担当医が変わったこともあり、この際検査を受けるのもいいかと思い了承した。
そして今回CT検査を行った結果は特に異常がなかった。ステロイドの減量は前回の診察時より0.5mg 減らし、今後14週間はプレドニゾロンを1日2.5mgとする。リセドロン酸Na錠17.5mgは週1回服用するのだが、朝一番であることや、服用後30分間は食事できないなどの制約があり忘れることが多い。

2019年1月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cop